動画配信サービス比較ガイド

好きな映画・ドラマ・アニメが好きな時に楽しめる「動画配信サービス」を申し込んで分かった比較、評価ガイド

HuluやAmazonプライムビデオをカーナビで観る簡単な方法

カーナビでHulu、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、dTV、FOD、YOUTUBEなどを簡単に観る方法を紹介。カーナビとHDMI変換ケーブル、Fire TV Stick、クロームキャストを接続する方法も紹介。

カーナビでHuluを観る

カーナビで動画配信サービスを簡単に観る方法とは?

最近のカーナビはとても便利にできています。ナビゲーション機能だけでなく、地上波やDVD動画を観たり、iPodやスマートフォン経由で音楽を聴いたりすることができます。

また、DVD/CD、SD、USB、HDMIなど様々な外部デジタル入力端子も備えられています。

このカーナビのHDMI接続を利用してHuluやAmazonプライムビデオ、Netflix、FODなどの動画配信サービスを視聴することができます。

カーナビで動画配信サービスの映画やドラマを観ることができれば、車が自分だけの映画館になって、車中泊や車中の待ち時間なども快適に過ごせて便利ですよ。

クルマ(ハイエース200系)のカーナビ(ALPINEフローティングBIG X 11型)とスマホ(Androidスマートフォン)で動画配信サービスを視聴する方法と視聴してみた結果を紹介します。

カーナビで動画配信サービスを簡単に観る3つの方法

ここで紹介するのは、カーナビで動画配信サービスをとても簡単に観る以下の3つの方法です。

  • HDMI(MHL変換ケーブル)を利用する方法
  • Amazon Fire TV Stickを利用する方法
  • Chromecast(クロームキャスト)を利用する方法


カーナビで動画配信サービスを観る方法は、今回紹介する3つ以外にもありますが、誰でも簡単にできて費用があまりかからず動画の視聴制限の少ない方法を紹介します。

各方法のメリット、デメリット、かかる費用をまとめてみました。

利用方法 メリット デメリット 費用
HDMI変換ケーブル 簡単で費用が安い
ダウンロード視聴が可能
MHL対応スマホ/タブレットが必要 HDMI変換ケーブル
1,500円程度
Amazon Fire TV Stick Fire TV対応リモコンが利用可 スマホが不要 対応アプリにないものは視聴できない Fire TV Stick ※1
3,980円~6,980円
Chromecast 対応アプリなら動画以外でもミラーリング可 対応アプリにないものは視聴できない Chromecast ※2
4,980円~9,720円

※1 Fire TV Stickは、4K版のFire TV Stick 4Kもあるが、カーナビで視聴するだけなら4K版は不要。
※2 Chromecastは、4K版のChromecast Ultraもあるが、カーナビで視聴するだけならUltraは不要。

費用は、カーナビにHDMI端子が設置されている場合です。なければHDMI端子を設置する費用が必要です。

カーナビにHDMI変換ケーブルを接続してHuluなどを観る方法

HDMI変換ケーブルでの視聴に必要なもの

カーナビにHDMI変換ケーブルを接続してHuluなどの動画配信サービスを観る方法は、以下のものが必要です。

  • カーナビのHDMI端子
  • HDMI変換ケーブル(MHL変換ケーブル)
  • MHL対応スマートフォン・タブレット

カーナビのHMDI端子

最近のカーナビには、USB端子やHDMI端子が付いているものが多いですが、各端子をダッシュボードやスイッチパネルにUSB/HDMIポートとして設置するにはオプションの場合があります。

カーナビ設置時にオプションとしてスイッチパネルなどにUSB/HDMIポートを設置してもらうか、ケーブルを出してもらうかして、HDMI端子を使えるようにしておきましょう。

すでにカーナビが設置されている場合でも、追加工事でUSB/HDMIポートを設置してもらいましょう。

下の写真はハイエースのハンドル左下あたりの増設用スイッチパネルにUSB/HDMIポートを付けてもらった例です。

カーナビのHDMI端子

カーナビでHuluを観るHDMI、USB
<参考>
トヨタ車用ビルトインUSB/HDMI接続ユニット (1.75mケーブル)
トヨタ純正スイッチパネルに装着可能なビルトインUSB/HDMI接続ユニット
価格:8,500円

HDMI変換ケーブル(MHL変換ケーブル)

カーナビでHuluを観るHDMI、USB
<参考>
スマホ → HDMI → テレビ【MHL対応スマートフォンを、HDMI端子のテレビに映せる】 MHLケーブル HDMI変換アダプタ

MHL対応スマートフォン・タブレット

カーナビのHDMI端子に差し込んだHDMI変換ケーブルにスマートフォン(ドコモ GALAXY Note 3)を接続。
カーナビでHuluを観るMHL変換ケーブル

スマートフォンやタブレットがMHL対応なのかは事前に確認しておきましょう。

上記の「HMDI変換ケーブル(MHL変換ケーブル)」の販売ページを見れば、MHL変換が可能な機種が確認できます。

HDMI変換ケーブルでの視聴

カーナビの入力を「HDMI」を選択すれば接続されたスマートフォンがカーナビのディスプレイに表示されます(ミラーリング開始)。
カーナビでHuluを観るHDMIケーブル

以上で、スマートフォンの動画配信サービスの映像をカーナビのディスプレイに表示できる状態になりました。

スマートフォン側の通信は、通信回線でもWiFiでもどちらでもいいですが、通信回線を利用すると回線料金などが高額になることがあります。

できればWiFiを利用するか、動画配信サービスのダウンロード機能を使って、できるだけ通信回線を使わないようにした方がいいでしょう。

Huluをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

HDMI変換ケーブルでのミラーリングは、スマートフォンの画面がそのままカーナビのディスプレイに表示されます。

カーナビの画面は横長11インチありますが、画像のように中央にスマートフォンと同じ画面が表示されます。

下の写真は、Huluのトップページをカーナビに表示した例です。
カーナビ、HDMIケーブル、Huluを観る

しかし動画の再生を開始して「全画面モード」にすると、カーナビの画面イッパイに映像が表示されます。

カーナビでHuluの映画『ラ・ラ・ランド』を視聴した例です。
カーナビ、HDMIケーブル、Huluを観る

このカーナビ(ALPINE BIG X 11型)は、高精細WXGA液晶(1280 X 720p)のディスプレイでHuluのHD画質の映像がとてもキレイに観れます。

3分で完了! → Hulu 2週間無料お試し申し込みページ

特にHuluのダウンロード機能を使った動画のダウンロード再生では、通信をまったく気にせず映像の遅延などの心配もなくて快適です。

参考 Huluがダウンロード機能に対応 iphone、androidに保存・再生可能に
参考 Huluには会員登録しなくても無料で今すぐ見れる動画がある

Amazonプライムビデオをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、Amazonプライムビデオ

30日間の無料体験申込み ⇒ Amazonプライムビデオ

参考 Amazonプライムビデオをテレビで見る方法ベスト3

U-NEXTをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、u-next

たった3分で申込み完了 → U-NEXT 31日間無料体験申込みページ

DAZNをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、DAZN

今すぐお試し → DAZN 1ヵ月無料お試し申込ページ

TSUTAYA TVをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、TSUTAYA TV

3分で完了! →TSUTAYA TV 30日間無料お試し申し込みページ

PARAVIをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、PARAVI

3分で完了! →Paravi(パラビ)の無料お試し申込みページ

FODプレミアムをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴


カーナビ、HDMIケーブル、FOD

1ヶ月間無料お試し ⇒ フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

dTVをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、dtv

今すぐお試し → dTV 31日間無料お試しキャンページ申し込みページ

Netflixをカーナビ + HDMI変換ケーブルで視聴

カーナビ、HDMIケーブル、NETFLIX

カーナビにAmazon Fire TV Stickを接続してHuluなどを観る方法

カーナビのHDMI端子にAmazon Fire TV Stickを接続してHulu、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、dTV、FOD、YOUTUBEなどの動画配信サービスを簡単に観ることができます。

写真は、Amazon Fire TV Stickをカーナビに接続してAmazonプライムビデオを視聴している例です。

カーナビ、FireTV、Amazonプライムビデオ

詳しくは、「HuluやAmazonプライムビデオをカーナビで観る方法2」をご覧ください。

カーナビにChromecast(クロームキャスト)を接続してHuluなどを観る方法

カーナビのHDMI端子にChromecast(クロームキャスト)を接続してHulu、U-NEXT、dTV、Paravi、Netflix、YOUTUBEなどの動画配信サービスを簡単に観ることができます。

写真は、Chromecast(クロームキャスト)をカーナビに接続してYoutubeを視聴している例です。

カーナビ、クロームキャスト、Youtube

詳しくは、「HuluやAmazonプライムビデオをカーナビで観る方法2」をご覧ください。

参考 クロームキャストとAmazon Fire TV Stickの活用ガイド

カーナビで動画配信サービスを観る方法のまとめ

HuluやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスをカーナビで観る方法は、カーナビのHDMI端子さえあれば難しい設定などないのでとても簡単です。

そのうち、費用も安くて、動画配信サービスの制限の少なく、通信量を抑えられるダウンロード視聴ができるのがHDMI変換ケーブル(MHL変換ケーブル)を使う方法です。

Amazon Fire TV Stickを使う方法は、動画配信サービスだけでなく、ゲームなどのアプリも利用できるうえに、専用リモコンが使えるので便利です。

また、Amazon Fire TV Stickはカーナビだけでなく、家のテレビや旅行・出張先のテレビでも快適に利用できるのでとても便利なツールだと思います。

どの方法を選ぶかは、ライフスタイルや好みで決めてください。

そして運転中にカーナビで動画を観るのは危険ですので、くれぐれも安全な場所に駐車してから楽しんでくださいね。

参考 Hulu無料トライアル(1ヶ月)申し込み方法【2019年版】
おすすめ記事 Huluには会員登録しなくても無料で今すぐ見れる動画がある
おすすめ記事 Amazonプライムビデオをテレビで見る方法ベスト3

-Amazonプライムビデオ, hulu(フールー), 動画配信サービス対応デバイス
-, , , , , ,

Copyright© 動画配信サービス比較ガイド , 2019 All Rights Reserved.