映画『バンク・ジョブ』のあらすじと動画を無料視聴する方法

Pocket

1971年9月11日イギリスのロイド銀行で実際に起こった銀行強盗事件を映画化したものが『バンク・ジョブ』。窃盗団が地下を掘り進めて銀行の金庫に侵入し、貸金庫内の多額の現金と宝石を強奪する。

しかしその中にはどうしても報じられない秘密が隠されていて、それを取り返すために様々な組織が動き出す。

映画バンクジョブ

映画『バンク・ジョブ』のあらすじ

ロンドンで中古車屋を経営するテリー・レザー(ジェイソン・ステイサム)は、昔付き合いのあったモデルのマルティーヌ(サフロン・バロウズ)から銀行強盗の話を持ちかけられる。

中古車屋は経営が安定せず、借金取りに追いたてられる毎日だったため、マルティーヌの話を考えさせられる。

ロイド銀行は、設備工事のために約一週間、警報が解除され無防備状態になるという。大金が収められた銀行の地下貸金庫へ強盗計画への誘惑に乗ってしまう。

映画バンクジョブ

実はこの話にはウラがあった。数週間前、モロッコ帰りのマルティーヌは、麻薬密輸がバレて空港税関で逮捕された。しかしMI-5に属するティム・エヴェレット(リチャード・リンターン)の口利きで釈放される。その際ティムから出された条件が、この銀行強盗計画だった。

ロイド銀行には、マイケルⅩ(ピーター・デ・ジャージー)というエセ左翼黒人活動家でヤクの売人でもある悪党が、リゾート先で乱交していた英国王女マーガレットを隠し撮りして、写真をロイド銀行の地下金庫に預けていた。

マイケルⅩはその写真の存在をタテに政府を脅迫して、刑務所送りを免れていた。

そこでティムは政府とは関係ない人物に銀行強盗を計画させて、マイケルⅩが預けている写真を取り戻す計画をマルティーヌに命じていた。

そんな裏事情があるとは知らずテリーは仲間を集めて銀行強盗を実行してしまう。ロイド銀行から少しはなれた家を借り、そこから地下トンネルを掘り進めて、銀行の地下金庫室まで到達する。

そして300万ポンド以上の現金、宝石類を手にする。しかし盗んだ獲物の中には、マルティーヌの目的だったスキャンダル写真以上に危険な物が隠されていた。

それはマフィアのボスであるルー・ヴォーゲル(デヴィッド・スーシェ)が記した汚職警官への贈賄記録、MI-5高官と下院議員のSMクラブでの隠し撮り写真など、外部にでることのないものだった。

この事件はマスコミ報道が一切禁止され、何としてもブツを隠滅しようとする政府高官、マフィア、警察と、強盗団たちとの壮烈な駆け引きが開始された。テリーたちは、この三つどもえの窮地から逃れることが出来るのか!?

英題:THE BANK JOB
製作年:2008年
製作国:イギリス
日本公開:2008年11月22日
上映時間:1時間50分

スタッフ
監督: ロジャー・ドナルドソン
脚本: ディック・クレメント / イアン・ラ・フレネ

キャスト
ジェイソン・ステイサム/サフロン・バロウズ/スティーヴン・キャンベル・ムーア/ダニエル・メイズ/ジェームズ・フォークナー/アルキ・デヴィッド/マイケル・ジブソン/キーリー・ホーズ/リチャード・リンターン/ピーター・ボウルズ/他

U-NEXTの31日間無料トライアル期間中に『バンク・ジョブ』が無料で視聴できます。

<3分で登録完了! → U-NEXT 31日間無料お試しキャンペーン登録ページ
無料お試し期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。解約も超簡単!

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。